しばしばまるものシュールな写真で一言!

親になり自分次第で子供を《賢者》にも《愚者》にもしてしまう重要任務を遂行する皆さん!少しでも子育てに『笑い』と『希望』と『愛国心』を!!カテゴリ『これだけは子供に伝えたい』『世の中のここが変だよ!』をぜひ見てください!

15$ 「マジっすか!?」うちの子が不登校!?

f:id:marumarumarumo:20191217124414j:plain


 「や、やめろ!!そっちじゃない!あっちに、このまえ埋めたのがあるんだよ!!」

 

 

不登校って、ちょっとしたきっかけなんだな~と、最近思った出来事。

 

 

12月になり、学校でも体調を崩す子が増えてきましたが、

 

うちの子も、熱はないものの、何やらあやしい感じでした。

 

下の子供から始まって、順番に風邪らしきものにかかっています。

 

全員、学校を休んだ事はなく、皆勤賞です。

 

そして、とうとう、うちの6年生の子供が、熱が出て休むことになったのです。

 

 

土日を挟んで、体調も回復した月曜日の朝のこと・・・

 

しくしくしく(ノД`)・゜・。

 

布団からなかなか出てきません。全然着替えようともせず・・・

 

下の子供が着替えて、ご飯を食べ終わったのに・・・まだ、何も変化なし・・

 

 

さてさて、なんで泣いているのか想像してみると、

 

たぶん休んだ事がなかったので、

休んだ後の学校が不安なんだろうと・・・。

 

確かに、私も一回くらいは風邪で休んだ事があったが、

休み明けの学校は不安だった記憶がある。

 

どういう表情で、どういう態度で友達と接したらいいのか・・・とか、

 

たった一日でも、竜宮城の浦島太郎のように、学校がすっかり変わっているんじゃないかとか・・・。  

 

気持ちはわかる・・・。

 

 

でも、ここで「もう一日休む?」とか「後から学校連れて行こうか?」とか言ってしまったら、

 

本人も、その時はホッとするかもしれないけど、

逃げてしまった自分に自信がなくなって、

もっと学校に行くことを渋り続けるかもしれないと判断した私は 

 

あとから一人で歩いて行きっっ!!

 

ピシャリ!!

 

その言葉を聞いた瞬間、涙目でサーっと着替えて身支度を始めました。

 

涙目で味噌汁と小さいおにぎりを食べ、下の二人と一緒に登校して行きました。

 

 

ホッとした私でしたが、子供が帰って来るまで少~し心配でした。

 

 

帰ってきた表情は、まずまずです。一緒におやつを食べながら談笑していたところ、

 

学校の先生から電話が・・・。

 

「今日、学校に着いたら泣き出して、保健室でワンワン声を出して泣いていました。

ひとしきり泣いたらベッドに横になって、しばらく休んでいました。」

 

との連絡。

ほ~ほ~。なかなか手ごわいのが心の中におるな~。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この子が新一年生だった頃、4月の集団登校が終わった後の、

自由登校になってから一学期、ほとんど毎日、朝、家を出る時

 

しくしく(ノД`)・゜・。》泣いて、

 

エ~ンエ~ン》泣いて、

 

ウォ~ンウォ~ン》泣いて、引き返して家に帰ってきた事もありました。

 

学校まで歩いて45分くらいかかる事もあり、

学校までの距離が果てしなく遠く思えて

不安で不安で仕方なかったのでしょう。

 

泣いている子供を見るのは辛いし、車で連れて行った方がよっぽど楽でした。

 

しかし、ここで少しでも甘い対応をしたら、この子の為にならないと考え、

 

泣いて引き返して来ても、

 

遅れてもいいから、歩いて学校に行きなさい

 

と、泣いている小さな背中を見送りました。

 

 

今でも思い出すと涙が出てきます(ToT)/~~~ ⇦はじめてのおつかいみたい(笑)

 

近所の子供は車で行く中、歯をくいしばって歩いて登校しました。

 

あなたは本当にえらかった!!

 

そして二学期からは、一度も泣かずに学校に行くようになりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

 

 

こんな小さな事ですが、自分の力で乗り越えられたことが、この子の大きな自信になっています。

 

 

風邪で休んでしまって、持続していたものが突然プツっと途切れて、心が不安定になってしまったのかな。

 

 

その日の夜は、家族でいつも通り楽しく過ごしました。

 

 

 

そして次の日の、火曜日の朝・・・

 

 (´;ω;`)ウッ…

ウォ~ンウォ~ンウォ~ン

 

 

布団の中で大泣きです。しかも「お腹がいたい~」とな・・・。

 

少し考えて、(これは今日が勝負だな・・・)と。

 

寝てるときにお腹痛くないのに、起きてお腹痛くなるわけないやろ!!

 

家族分の布団をたたみ始め、最後に

 

どきなさい!!あんたの居場所はない!!

 

と、大泣きしている子供をどかして一言 ➡

 

あんたが学校放棄するんやったら、私も〇〇〇(犬) 放棄するよ!!おばあちゃんに返すよ!!

 

「(ToT)いや~~~~!!!

 

自分が飼いたくて飼いたくて、一年前にもらってきた大好きなわんこ。

 

いなくなる事は絶対受け入れられない・・・

 

そして、徐々に着替え始めました。

 

「お母さんも、犬の散歩、毎日毎日めんどくさいけど、

あんたの代わりに40分行ってるんやから。

お父さんも、しんどいけど毎日仕事に行ってるんやから。

いっぺん休んだら、もっと学校行きにくくなるんやから。

今日は保健室いかんと、がんばり!」

 

 

・・・・そして、帰ってキタ~~~!!

 

 

今日、保健室行かんかったよ!!

頭ヨシヨシして!!

 

ヨシよしヨシよし~~!!!

 

犬のように、頭をなでてあげました(笑)

 

 

もう、完全に吹っ切れたようです(*´ω`*)

 

ホッとしました~。

 

こんな些細なことで情緒不安定になって・・・

対応を間違えると、ズルズルいってしまいそうで・・・

 

親も覚悟して、【毅然とした態度】で、この子にとって何が最善なのか?

 

 

子供は、一つ一つ自分の力で乗り越える事によって、

生きて行く上で、とても大切な【忍耐力と自信】が身につくでしょう。

 

 

親は、何年も先を見て子供を育てなければならないと、身に染みて感じた出来事でした。

 

 

人質(ひとじち)ならぬ、犬質(いぬじち)は大人げないですが・・・許してね!

 

 

by しばしばまるも(;^ω^)

 

↓↓↓はてなスターをポチッとして頂けると励みになります(≧▽≦)!!

そして、「これ、面白い!役に立った!人に知ってほしい!」という場合、【はてなブックマーク】というものをポチッとしてもらうと、どうやら極楽浄土に行けるらしいのでよろしくお願い致します!

(`・ω・´)ゞいつもありがとうございます!!