しばしばまるものシュールな写真で一言!

親になり自分次第で子供を《賢者》にも《愚者》にもしてしまう重要任務を遂行する皆さん!少しでも子育てに『笑い』と『希望』と『愛国心』を!!カテゴリ『これだけは子供に伝えたい』『世の中のここが変だよ!』をぜひ見てください!

45$ ➏「日本人は消滅すべき民族」

f:id:marumarumarumo:20200304145146j:plain

井の中の蛙大海を知らず・・・では、済まされない!!

 

 

 【前回】中国に侵略されたらどうなるか?

現在、悲劇の渦中(かちゅう)にあるチベットウイグルについて書きました。

 

そして、中国の最大の目的は・・・沖縄と尖閣諸島なのです。

 

もしも、この2つが中国に奪われれば、日本のエネルギーを運んでいる【シーレーン】が中国の支配下に置かれ、日本は中国の軍事的な脅しに屈するしかなくなるのです・・・。

日本のエネルギー自給率は、8%程しかなく、90%外国に依存しています。もしも、タンカーでエネルギーを運ぶことが出来なくなったら、日本は終わります・・・。

 

 

領土を奪われた先には、必然的に中国の言いなりにならざるを得ません・・・

 

そしてチベットウイグルのような悲劇・・・いやそれ以上の事をされるでしょう。

 

ずっとずっと今まで、日本に対する憎しみを植え付ける教育で洗脳してきたのですから。

 

中国は南京大虐殺」という歴史を捏造しています。そこに出てくる目を覆いたくなる凄惨(せいさん)なエピソードや虐殺は、中国が歴史上繰り返しているものばかりです。

 

はだしのゲンという日本の漫画も、日本軍ではなく、実際は中国人の行った残虐なシーンを描いています。

 

( `ー´)「いいかげんなことを書くのはやめろ!!」

 

 

日本の歴史では出てこない残虐な殺し方を、あたかも日本軍が行ったかのように宣伝しつづけ、中国国民は日本人にかなりの憎悪を持っています。

 

 

2004年に中国で実施された、17~30歳の青年を中心に1664人を対象に面接したところ、《婦女子・捕虜・日本人》を75%が「殺せる」と回答しています・・・。

中国人は「日本人は消滅すべき民族」と思っています。

 (「カエルの楽園」が地獄と化す日・・・百田尚樹×石 平 対談本 より)

 

 (>_<) わたしは、この一文を読んで眠れませんでした・・・。

 

 (゚Д゚;)ここで載せることを阻む(はばむ)程の、ムゴイ事がたくさん載っています・・・。

 危機感のない日本人全員に、この対談本を読んで頂きたいです。(図書館でも借りられます)

 

 

補足ですが➡南京大虐殺」が作り話であることを説明したいと思います。

 

・まず、中国が言う20万~30万の死亡者の数ですが、南京で軍事作戦があった前後を比較すると南京の人口は増えています。

 

もしも、大虐殺があったなら、人口が増えるでしょうか?

 

日本軍が南京を攻略した後は、そこを拠点として次の作戦を立てる必要があり都市機能を発揮する必要があります。そのためには市民が必要になります。

 

戦時下において、捕虜や民間人が戦闘に巻き込まれ命を落とすことはあるでしょうが、

殺すために殺す」というのは日本人の精神性からして無理でしょう。

 

東京ドームの収容人数が4万6千人です。

もしも20万人殺したと言うなら、その遺体をどうしたのでしょう?

穴を掘って埋めた?焼却した?その後の遺骨は?

 

このように膨大な遺体を処理することは難しいでしょう。

 

 

実際、日本軍が南京に入った時には、現地の人々が待ち受けていたという記録もあります。

 

日本軍と一緒にお医者さんも来るはずだ」というので、ケガや病気を抱えた人たちが日本軍の医師を待っていたというのです。

 

大虐殺の後で、このような状況になるでしょうか?

 

このようなことから、中国の言っていることはありえない事なのです。

 

 

そして、朝日新聞の【本田勝一(かついち)という記者が、2、3日の南京滞在で、

中国共産党が用意したであろう3、4人程度の証言者の話を聞いただけで、ここぞとばかりに反日キャンペーンを朝日新聞で40回も連載し始めました。

 

昔は中国の歴史教科書にも一切書かれていなかったそうです。

 

しかし、本田勝一がこのような記事を書いて反日キャンペーンに大成功したため、

これは使える中国は【南京大虐殺】を利用し、日本にいう事をきかせる武器として大々的に宣伝するようになったのです。

 

 

( `ー´)いつもいつも、朝日新聞のでっちあげ記事で日本をおとしめて~~~!!なんでこんな新聞社をのさばらせておくのか~~~!!!

 

 

 

そして本題です

 

なぜ、どうして、中国は領土を拡大させてくるのでしょうか?

 

その理由は・・・一言で言うと、もう中国国内には住めなくなるからです。

 

 

(゚Д゚;) え??どうして??あんなに広い領土でしょ??

 

 

深刻な水不足&水質汚染

 

・2007年の政府発表によると、全国660都市のうち、511都市が水不足。(中でも110都市は深刻な状況)

中国の人口14億人に必要な量の3割しかない。

 

・にもかかわらず、水質汚染が深刻。全国の地下水源80%が汚染され、都市部に限れば97%がコントロール不能であり、すでに2億人以上が安全でない水を飲み水に使っている。

 

 

大気汚染

 

・2006年、中国の全都市の3分の2近くが、石炭火力発電による大気汚染がひどく、白いマスクがすぐ真っ黒になるくらい汚染が広がっている。

 

 

(゚д゚)!だから、中国人のするマスクは、汚れがわからない黒なんだね~。

 

2013年の中国で、大気汚染を原因とする死者は91万6千人。

2030年には、130万人が犠牲になると言われている。

 

肺がん患者が毎年27%ずつ増えていると言われ、新しく肺がんになった人の割合は、世界の3割・65万人を中国人が占めた。

 

 

大地の荒廃

 

 水土流出】・・・森林破壊による保水力の低下で、雨と一緒に土が流れること。

これにより毎年1cmずつ表土が流れ続け、土壌が痩せ、植物・動物などの命を育むことができない。

(1cmの厚さの表土を形成するのに、約120年~400年かかる)

 

 

 中国全土で「水土流出」が進んでいる地域は、国土の38%を占めています。

 

そして、砂漠・ゴビ・山岳地帯などからなる「荒漠こうばく地帯」・・・すなわち人間の生息に適さない土地は国土の3分の1を占める。

 

 このことから、中国で「水土流出」による「荒漠化」が進めば、実際に住める土地は国土の29%しかないのである。

 

 

 中国人民14億人にとっての「生息に適する良質の土地」・・・つまり国民に必要な「生存空間」は全国土の3割未満で、しかもその3割に属するはずの数多くの都市が水不足に苦しみ、地下水と地上水の大半が汚染されて、汚れた大気に覆われているのが実情です。

 

 

(゚Д゚;)・・・ちょちょちょちょっと~~~~~!!!!そんな中国の3割しか住めないなんて話、一度も聞いた事な~~~~い!!!

 

 

 【次回へ続く・・・】

 

(>_<)しばしばまるも

 

 

↓↓↓はてなスターをポチッとして頂けると励みになります(≧▽≦)!!

そして、「これ、面白い!役に立った!人に知ってほしい!」という場合、【はてなブックマーク】というものをポチッとしてもらうと、どうやら沢山の方に見てもらえるらしいのでよろしくお願い致します!

(`・ω・´)ゞいつもありがとうございます!!