しばしばまるものシュールな写真で一言!

親になり自分次第で子供を《賢者》にも《愚者》にもしてしまう重要任務を遂行する皆さん!少しでも子育てに『笑い』と『希望』と『愛国心』を!!カテゴリ『これだけは子供に伝えたい』『世の中のここが変だよ!』をぜひ見てください!

74$ 日本が無くなる時は来るのか?

f:id:marumarumarumo:20200725141547j:plain

 「あの空の向こうには、僕たちのために戦ってくれた人たちがいた。

みんな日本人の誇りを持ち、日本を守るために必死に戦ってくれたんだよ・・・。

それなのに僕たちは・・・なんてことをしているんだろう・・・。」

 

 

(´;ω;`)ウゥゥ ・・・情けないです・・・

 

 

今の日本を見て《このままでは日本は滅びる》と思っていたら甘いでしょう。

 

日本はすでに滅びています。

 

幕末の志士や特攻隊の若者たちは、なぜ自分の命を捨ててまで戦ってくれたのか?

日本が外国に媚びるような、みじめな国になるのが嫌だったからです。

 

敗戦以来、アメリカの持ち物にされ、ソ連や中国が「それを俺にも寄越せ」と、ちょっかいを出してくる。

 

それどころか、北朝鮮や韓国にまでなめられています。

 

 

(-。-)y-゜゜゜いよいよ本当に日本が滅びるときは、どうなったときでしょうか?

 

 

( ゚Д゚) ・・・それは、皇室が無くなる時です・・・

 

 

戦争に負け、神武天皇の伝説以来、史上初めて日本は外国に占領されることとなりました。しかし、完全に滅びたわけではありませんでした。

 

なぜなら、皇室が存在しているからです。

 

「たった一回くらい戦争に負けても、何度でもやり直せる」

 

それが当時の、ほとんどすべての日本人の考えだったのです。

 

 

(-。-)y-゜゜゜すこし、戦争を終結させる場面を振り返ってみましょう。

 

 

日本がボロボロになり、どう考えても勝ち目がないのに、まだ戦う気でいる《徹底抗戦派》は頭の悪い人たちでした。

 

戦争をやめよう

 

と言った瞬間、天皇でも首相でも殺しに来かねないほど、頭に血が上っているのですから。

 

その時の鈴木首相は《徹底抗戦》を叫びながら、戦争を止めるチャンスを待ちます。

 

米英ソ中連合国はポツダム宣言を出して、日本に降伏を要求してきました。

 

 

(-。-)y-゜゜゜ところで、学校の教科書には【日本は無条件降伏をした】と書かれていますが、全く違いますよ。

ポツダム宣言自体が条件の列挙なのですから。

 

 

ここまで来たら、徹底抗戦派も勝ち目がないことは分かっています。

しかし、彼らも部下から突き上げられ、もしも戦争を止める選択をしたら裏切者だと自分が殺されかねません。

 

会議のたびに和平派と徹底抗戦派は同じ主張を繰り返し時間だけが過ぎていきました。

 

そんな中、

8月6日に広島に原爆が落とされる。

8月8日ソ連が中立条約を無視し、だまし討ちで満州が奇襲。阿鼻叫喚(あびきょうかん)の地獄絵図。

8月9日に長崎に原爆が落とされる。

 

そして、鈴木首相は一気に動きます。

手続きも何もすっ飛ばして、御前会議を要請しました。

本来ならば政府と軍の合意ができてからでないと御前会議は開けない決まりなのですが、今はそういう場合ではないと押し切りました。

 

会議は和平派と徹底抗戦派が3対3に分かれました

こういう時は、首相の一票で決まるものとされていましたが、事があまりに重大だったため陛下に決断を委ねました

 

会議に緊張が走ります。誰もが昭和天皇のお言葉を待ちました。

 

昭和天皇は和平を告げられました

 

そして、理路整然と、もはや徹底抗戦が不可であることを説かれました。

和平派も抗戦派も等しく涙を流しています。

ここまで追いつめられるまで何も決められなかった自分たちの不甲斐なさに。

 

日本政府は国体護持(こくたいごじ)を条件として、ポツダム宣言の受諾を伝達しました。

 

(-。-)y-゜゜゜国体とは、国家体制のことです。歴史上、摂関政治や幕府政治、明治維新後の民主政治など、日本はいろいろな政治体制を経験していますが、そのいずれの時も常にその上には【皇室】があります。

これが、日本の歴史にもとづく国家体制です。《国体護持》は、これを変えさせないことをいいます。

 

日本政府が「国体護持を条件としポツダム宣言を受諾する」と言ったことに対して、連合国は「究極の政治形態は日本国民が自由に表明した意思によって決定される

という曖昧(あいまい)な返事でした。

 

 

(; ・`д・´) これでは、国民の多数決で天皇制廃止になってしまう。

 

(-。-)y-゜゜゜しかし、昭和天皇は「国民を信じよう」と、1日でも早く戦争を終わらせ、国民が苦しむのを止めようとしたのです。

 

 

外国を支配する場合、王様がいたらその民族が結束します。

独裁者にとって王制は邪魔なのです。

だから、アメリカは国民投票でイタリアの王制を廃止させたように、日本でも同じことを企んでいました。

 

 

(; ・`д・´) がっ!日本はそうなりませんでした!

 

 

(≧◇≦) す、すごい!!日本人の99%は皇室を廃止するなんて考えてもいなかった!

 

(-。-)y-゜゜゜天皇制廃止を言っていたのは、共産主義者ら戦前から「変わり者」と思われていた少数の人たちだけです。

 

我が国の歴史が始まって以来、【日本が日本であり続ける】にはこの1点さえ守れたら滅びたことにはならない。

 

その1点とは皇室である。

 

昭和20年8月15日当時の日本国民みんなの想いです

 

 

(´;ω;`)ウゥゥ 胸が熱くなる・・・涙が・・・

 

 

 

 

↓↓↓こちらもぜひ読んでください。

 

昭和天皇マッカーサーに話したこととは?

www.marumarumarumo.com

 

(≧◇≦)しばしばまるも

 

《次回》皇室を守るために知るべきこと

 

 

 参考文献


13歳からの「くにまもり」 (扶桑社新書)